美濃白川四季彩街道ブログ
モデルコース
お役立ちリスト

このサイト内を検索
文字サイズ 
  トップ 見る・学ぶ 名所/旧跡 洞雲寺
名所/旧跡
文化
自然/景観
資料館
伝説・民話
歴史年表
カテゴリ:名所/旧跡
とううんじ
洞雲寺
山門に掲げられた扁額には、かの水戸光圀公に支那から呼び寄せられたという「東皐心越(とうこうしんえつ)」の銘が。非常に貴重な品です。

須弥壇(すみだん)
造られた年代は定かではない。しかし、洞雲寺(とううんじ)の本堂棟札に、万治(まんじ)3年(1660年)3月、大工藤原朝臣蜂谷喜兵衛家次他5名の銘があることから、おそらく本堂と同時期に造られたものと推定される。裏側のくさびを1本抜けばそこより順次解体していくことができ、当時の大工技術の精巧さからしても、文化財としての価値が非常に高いものである。
棟札の銘にある他の5名を以下に記す。
 久田見村  丹羽久兵衛
 下金和村  無藤佐兵衛
 古井村  板津作左衛門
 金山村  中嶋五兵衛
 曽代村  大雲吉十郎

 

▲ページ上部へ

  トップ 見る・学ぶ 名所/旧跡 洞雲寺
| 白川町観光協会概要 | 観光パンフレットダウンロード | お問い合わせ | よくあるご質問 | リンク |
Copyright (C) 白川町観光協会 All Rights Reserved.
このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

白川町観光協会