美濃白川四季彩街道ブログ
モデルコース
お役立ちリスト

このサイト内を検索
文字サイズ 
  トップ 見る・学ぶ 文化 歌舞伎
名所/旧跡
文化
自然/景観
資料館
伝説・民話
歴史年表
カテゴリ:文化
じかぶき
地歌舞伎

地歌舞伎とは、地方に根付いた歌舞伎のことを呼んでいます。
岐阜県の東濃地方は次歌舞伎が盛んで、今もその文化が脈々と地元の人によって受け継がれています。

 
東座 黒川地区に明治22年に地元の人たちによって建てられた芝居小屋。1991年には、故中村勘三郎さんを名誉館主に。現在は、黒川の人たちを中心に地歌舞伎を始め、さまざまな公演が行われ、町民の新たな娯楽の場として生まれ変わりました。2013年11月29日には六代目中村勘九郎が東座名誉館主に襲名された。毎年5月には、地元住民による「東座ふれあい公演」が開催される。
所在地 509-1431 岐阜県加茂郡白川町黒川1584-2
備考 11月4日開催 中村勘九郎・七之助錦秋特別公演は終了致しました。
佐見歌舞伎 佐見歌舞伎は庶民の楽しみとして、江戸時代から行われていました。 特に、昭和10年代に盛んに上演されました。 しかし、戦後、芝居小屋が台風などの被害により失われてしまい、佐見歌舞伎は途絶えてしまいました。 平成3年春、佐見歌舞伎は37年ぶりに復活。「佐見中学校体育館竣工記念公演」として上演され、2日間で約1,000人の観客が佐見歌舞伎を楽しみました。 平成10年まで5回 公演が行われたあと、様々な理由から佐見歌舞伎は行われなくなりました。 そして、平成18年、再び佐見歌舞伎公演実行委員会を結成。翌年の平成19年4月に9年ぶりに上演を行い、以来、不定期ではありますが、今日まで続いております。 平成23年11月には、「東日本大震災復興祈念公演」として上演。
公演場所 509-1221 岐阜県加茂郡白川町上佐見1958 佐見中学校
備考 佐見歌舞伎公演は、2017年11月25日・26日の2日間となっております。
詳しくは、佐見歌舞伎Facebookページをご覧ください。
歌舞伎見学ツアー 平成29年11月26日(日)日帰り・佐見歌舞伎鑑賞の旅
【集合】8時:JR美濃太田駅 
【解散】18時45分:JR美濃太田駅 
【参加費】5,000円/1名 
【問合せ・申込み】農協観光めぐみの支店 0574-62-1070   
詳細はチラシをご覧下さい。
 
 

▲ページ上部へ

  トップ 見る・学ぶ 文化 東座
| 白川町観光協会概要 | 観光パンフレットダウンロード | お問い合わせ | よくあるご質問 | リンク |
Copyright (C) 白川町観光協会 All Rights Reserved.
このサイトに掲載の写真・文章の無断転載を禁じます。

白川町観光協会